自然の中の永遠の眠り 合葬墓「久遠」

「合葬墓」とは、後継者のいない方などのためのお墓です。 これからお墓を建てる方にとって、「一軒一墓地」の考え方は終わりつつあります。 これからは、永代供養形式の「合葬墓」が主流となるでしょう。 「合葬墓」は21世紀のお墓といわれています。 寺などとの付き合いや、お墓の承継の問題や、無縁化への心配などは、まったくありません。当寺が半永久的に御供養いたします。それが安心の「合葬墓」です。
 合葬墓は、合同墓・共同墓・集合墓・合祀(ごうし)墓ともいわれ、不特定多数の人々が埋葬されるお墓のことです。手続きをして埋葬した後は、当感応寺が半永久的(永代)に責任をもって御供養いたします。その後の負担や管理料などは一切不要です。
宗教・宗派・国籍を問わず、安心して御利用いただけ、一切の条件はありません。 ただし、合葬墓の前の、「供養」、「回向」などの宗教儀式、行事などは、感応寺住職、または副住職以外の方法・手段は一切できません。 (ご承知おきください)
永代供養合葬墓(久遠)とは、次にあげる方々が安心して死後の世界に旅立つために仏門を開いたお墓のことです。

 現代は、シングル・ライフを送る人が増えています。死後も安心したいと考えている方。

  • 離婚して、再婚する気のない方。
  • 子供のいない方。
  • 子供がいても、将来的にお墓の維持管理を期待できない、またはその負担を子供にかけたくないと考えている方。
  • 自分は合葬墓に入るが、「子供は自分自身でお墓のことを考えるべきだ」、と思っている方。
  • お寺との係わりを避けたい方。
  • 家族とは別に、自分だけ安心できるお墓に入りたいと思っている方。
  • 海や山への散骨を望まない方。
  • 現在お墓をもっているが、何らかの理由で、そのお墓を整理して、これまでの先祖のお骨を合葬墓に埋葬し、自分も合葬墓に入りたいと考えている方。
  • (10)これまでのように、一軒に一つの墓地を持つのではなく、自分たちや子孫も合葬墓に埋葬される形式の埋葬方法がよいと考えている方。
  • 11)その他の理由で、安心できる合葬墓に入りたいと思っている方。

  ( 費 用 )    2 5 万 円
埋  葬  料     (一体)15万円
永代管理供養料  (一体)10万円

             (以後、一切の負担はありません)

刻字料実費 (希望者のみ)墓誌への刻字料 3万円

         書式自由。一行(32字)内に限る。(氏名・没年

         月日・年令・戒名・すきな言葉などの刻字料)

  費用は安価に設定したつもりでおります。
     (参考資料) 散骨の料金
                      海中散骨  30万円

                     空中散骨  40万円
  埋葬方法

遺骨は最初から骨壷より出し合祀(ごうし)する方法です。
永代供養方法

(1)春と秋の彼岸、お盆には追善法要を行ないます。
(2)埋葬者の没年月日、氏名、戒名(希望者)、などを、本堂
   内の永代供養簿(過去帳)に記載し、永久保存します。
(3)合葬墓は、本堂の横にありますので、過去帳を含めて
   毎日の供養を受けられます。
    弥勒菩薩像(石仏)の元に納骨する形式の合葬墓となります。
       
詳しい内容を知りたい方は、当感応寺に御連絡ください。 仏事相談もうけたまわります。

生前予約もできます

(これからの人生を、安心して送りたい方のために) 「いつ、どこで、何があっても困らないように、安心してこれからの人生を送りたい」と思っている方のために、生前予約をうけたまわります。(万一の時、ご自分で頼めないからです)もちろん御予約なしでも埋葬できます。

(下部の黒御影石が墓誌です)

<当感応寺への御予約方法>

(知人や親族などの方に、当感応寺に遺骨をもって来てもらう場合)

@自分の信ずる宗教宗派の葬式の後に、当感応寺に遺骨をもって来てもらうことを、知人や親族・その他の方に、お願いしておく方法。

A葬式はしないが、自分の遺骨を、知人や親族・その他の方に、当感応寺にもってきてもらい、埋葬してもらう方法。

(当感応寺まで遺骨を持参できない場合)

B自分に万一の場合は、当感応寺に葬式(感応寺方式)を依頼し、葬式直後、住職(または副住職)から遺骨を感応寺まで持参してもらい、埋葬することを、知人や親族・その他の方に、お願いしておく方法。

 (領収書や関係書類などの保管)

 領収書と関係書類は、コピ-して、3人くらいの人に保管してもらった方がいいでしょう。

 郵送・宅急便などでの、お骨の持ち込みは、固くお断りし、受取を拒否いたします。お骨は、単なる物質ではないからです。お骨を粗末にあつかう方の意志には、そいかねます。

表紙へ戻る